多摩市が保育料値上げ案(1)子ども1人平均、年間1万7000円強アップ

東京都多摩市(阿部裕行市長)が設置した子ども子育て会議(会長=大日向雅美・恵泉女学園大学人間社会学部教授)で2014年8月4日、多摩市が新保育料の試算(案)を示しました。子ども1人あたりの保育料が、平均で年間1万7400円程度の値上げ、最大で年間13万6800円アップという内容に、保育園パパ・ママたち関係者に衝撃が広がっています。

しかし、マスメディアでもこのことを取り上げた記事は見かけられず、関係者にもほとんど知られていない状況です。会議を運営する大日向雅美さんは、国の保育新制度にも大きな影響力をもった人であり、子ども子育て会議における保育料値上げの動きの先行事例になるのではないかと注目されます。そもそも新制度への不安を抱えた保護者にとって、その不安に追い打ちをかける動きであり、「なぜ」の声が上がっています。

※多摩市子ども子育て会議の資料は多摩市ウェブサイト;
( https://www.city.tama.lg.jp/shingikai/2727/18630/018631.html )
から、閲覧することができます。

子ども1人平均、年間1万7000円強アップ

多摩市が8月4日の子ども子育て会議に提出した「新保育料単価試算表(案)」は、児童年齢/所得階層別に現在の保育料と多摩市案の差額を示しています(2014年度第5回子ども子育て会議・資料3)。それによると、
   市民税非課税世帯など、保育料ゼロの世帯は、ゼロのまま
   推定年収 270~360万円の階層が、全年齢で保育料アップ。2倍以上の子も
   推定年収 360~470万円の階層が、ほぼ全年齢で保育料アップ
   推定年収 470~640万円の階層は、保育料アップとダウンがまちまち
   推定年収 640~930万円の階層は、0歳児で保育料ダウン、その他ほとんどが保育料アップ
   推定年収 930万円以上の階層は、全年齢で保育料アップ
となっています(詳細は続報します)。

多摩市全体として、保育料の負担がどうかわるのか。2013年度をもとにみると、(2014年度第4回子ども子育て会議・資料3);
   保護者負担 : 4億2957万7000円 から、約3700万円アップ
   多摩市負担 : 4億7086万    円 から、約3700万円ダウン
ということになります(約3700万円という額は、同会議で多摩市が口頭説明)。

多摩市の資料(2014年度第4回子ども子育て会議・資料5)によると、2013年9月時点での人数は2374人。ここから、多摩市が保育料ゼロとしている所得階層(51+198人)を減ずると、保育料変更の対象となる残りの子どもの数は2125人となります。保護者負担増の総額約3700万円をこの人数で割ると、1人あたり平均で年間1万7400円程度の値上げとなる計算です。

このことを知った保育園パパ・ママに衝撃が走っています。しかし、この事実は、関係者である保育園パパ・ママの間でほとんど知られていません。保育料値上げ案の詳細とはどういう内容か、なぜ保護者負担増の「総額約3700万円」を資料で示さずに口頭でのみ説明したのか――。いくつかの論点について続報します。ご意見、情報をお寄せください。

この問題についての多摩市の問い合わせ先は;
https://www.city.tama.lg.jp/shingikai/2727/18630/018881.html 

(つづく)文責・バカボンパパ

[PR]

by tama-kosodate | 2014-08-18 06:12 | 育児

保育園の待機児解消に、多摩市は???

こんにちは。「バカボンぱぱ」です。

東京都内の保育園の待機児問題がマスコミでクローズアップされていますね。

東京新聞では、杉並区・足立区・23区…と、待機児の実態やパパ・ママの運動を連日のように1面トップで報じています。認可保育所に入りたくても入れない子どもの数が、23区で1万9000人。なんと5年で2.6倍に増えたそうです。認可保育所があまりにも少なすぎる! 出産前から保育園の心配をしなければならないなんて、いったいどういう社会なんだろう。数日前に東久留米市(だったと思う)の待機児問題で、知り合いに頼まれて署名をしました。多摩地域の待機児の状況も知りたいところです。…と思って、ネットでいろいろ検索していたら、こんな(↓)資料にたどりつきました。
  http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2013/20130226173238_1.pdf

この資料によると、多摩市では申し込んだ子ども(384人)の3分の1にあたる123人が「入所できない人数」となっています。こういう実態をみるにつけ、百草団地に現在ある保育園をなくすという阿部裕行市長の判断は待機児解消とはまるで逆ではないのか、との思いを強くします。

百草団地にある桜ヶ丘第一保育園には現在約120人の子どもが通っていますが、今年4月から和田地域の新園舎に移転します。当初、多摩市側が、現在の保育園の存続を前提として移転計画を進めるという考え方を文書で示し、保育園を運営する法人は保護者と協力しながら多摩市側の考え方に沿って移転&建て替え計画を進めていました。ところが、いつの間にか多摩市が行政の都合で考え方を変更。阿部裕行市長は、法人が提出した「移転計画」と「分園計画(現在の保育園を50人規模にして存続する計画)」のうち、移転計画だけを認めて、分園計画を却下してしまいました。つまり法人や保護者は、2階に上がってハシゴを外されてしまったような状況になったわけです。保護者・職員・地域住民は「百草団地に保育園を残して」と声をあげ、昨年8500人を超える署名が集まりました。法人は新たな分園計画(30人規模に変更)を再提出しましたが、阿部市長は2度にわたり却下しました。

現在、百草団地から桜ヶ丘第一保育園に通う子どもは約30人。そのうちの少なくない家庭が、もし現在の保育園がなくなれば転居や転職を検討しなければならないとか、第2子を産むのをあきらめざるを得ないといった悩みなど、生活設計に深刻な打撃を受けることになります。30人規模の保育園の存続を多摩市が認めれば、在園児の保護者の悩みが解消されるだけでなく、30人規模の待機児解消ができると期待されます。しかも、新しい保育園をゼロから建設するのと比べてずっと市の支出も少なくてすむわけです! 保育園(法人)が存続したいと言っている、保護者・地域も存続を望んでいる、待機児解消につながる、市の支出も少なくてすむ――これだけの条件が揃っていながら、なぜ阿部市長は存続を認めないのか。理解に苦しみます。
いまからでも遅くはありません。待機児を解消し在園児家庭への悪影響をなくすために、阿部市長にはぜひ、現に今ある保育園をなくしてしまうという方針を改めていただきたいものです。阿部市長自身が選挙公約に掲げた「子育ち・子育てを全力で応援」という言葉が泣いています。

追伸です。1月20日の交流会に参加したママさんから「子どもの褒め方&叱り方」の話はよかったという感想を聞きました。また続きをやってほしいとの要望も…。パパと子どもたちは餅つきで手一杯でしたけど。餅つきする子どもたちの楽しそうな顔がいちばん!a0291182_1354018.jpg
[PR]

by tama-kosodate | 2013-02-27 01:38 | 育児

おハシのおハナシ。

こんにちはKEIです。
今日は仕事(保育園)で保護者の方におハシのおハナシをしたのでちょっと紹介します。

お箸って何歳くらいから使えるようになりますか?
ってよく聞かれます。
それはね…「人それぞれ」なんです。

お箸を上手に使うためには、指先の発達と筋力の発達が欠かせません。

その発達は本当に人それぞれなんです。
個人差が大きい上に、普段している遊びでも大きく変わってくるんです。

例えば…ビーズ通しやおはじき(指先の発達)、粘土遊び(握力の発達)などをたくさんしている子は早いです。

まぁ、だからと言ってそればっかりやっていると…お箸の上手なモヤシっ子ができちゃいますが(笑)

子ども達は育つ力をみんな持っています。
お箸は鉛筆が上手に使えるようになってからの方がスムーズです。

食べている時ではなく、遊びの中で教えてゆくと、食事の時間にバトルにならずにすみますよ。

それから上手にお箸を使うためには、姿勢も大切。座卓の場合は正座に近い姿勢を保てるように、座布団+枕のような物で高さの調整ができると良いです。テーブルの場合は、足の裏がしっかりつくコトが大切。届かないようなら踏み台でも構わないので、足がつくようにしてあげて下さい。

食事中はTVは少し我慢して、食事に集中できるように整えてあげましょう。

補助器具はどうですか?

これもよく聞かれます。私は補助器具はお勧めしていません。なぜなら保育園では普通のお箸だからです。補助器具を使えばみんな上手にできますが、補助器具を使わないとできません。子ども達は「できないコト」に敏感なので、「できるハズなのに上手くいかない!」という経験はなるべく避けてあげたいことなんです。
指先の発達が完成し、身体の準備が整えば必ず上手に持てます。発達が整わないうちに始めると、動かしづらさをカバーするために変なクセがついてしまいます。だから焦らずゆっくり行きましょう。
とは言えそうはいかないコトもあるのがこの世の中。例えばお姑さんとか、ママ友とか、第三者の存在が「ゆっくり」を認めてあげられなくしてしまう場合もありますよね。
そういう時は「急がば回れ!」今すぐ油粘土で遊ぼう!おはじきもやろう!色鉛筆でお絵描きもしよう!いっぱい遊んだら、心も満たされて身体も発達して、お箸が近づいてきます。「見て!上手でしょ?!」とキラキラの笑顔を見せてくれる日も、遠くありません♪




ざっくりとですが、うちの職場のおハシのおハナシはこのようなカンジです。
これからお子さんにお箸を持たせてみようかな?という方は、是非身体の準備が整っているかを観察してみて下さいね。


*これはあくまで私の仕事の方向性なので、これがすべてと言うものではありません。賛否両論あるかとは思いますが、アドバイス大歓迎です。
[PR]

by tama-kosodate | 2012-09-29 22:26 | 育児